医薬部外品の育毛剤

現在ある髪の毛を丈夫に育つようにすることが目的の育毛剤が、医薬部外品と呼ばれる育毛剤です。どのような人におススメの育毛剤であるのか、又使用上のメリット、デメリットは何かについて役立つ情報をお話します。

医薬品の育毛剤

髪の毛を生えさせることを目的としている育毛剤が医薬品に分類される育毛剤です。どんなタイプの人におススメなのか、又使用上の注意点や副作用について説明します。医薬部外品と違って医薬品の場合はより慎重な取り扱いが必要ですので参考にして下さい。

どんなタイプの人におススメか

医薬品の育毛剤は、現在ある髪の毛やこれから生えてくる髪の毛を丈夫に育つようにしたりするのが目的なのではなく、全く新しく髪の毛を生えさせることを目的にしています。従って医薬品の育毛剤は新しい髪の毛が…

医薬品育毛剤使用上の注意点

育毛剤には医薬品と医薬部外品があり、医薬品育毛剤は効果が高いぶん副作用が現れることもあります。そのため、注意事項を知ったうえで使用することが大切です。まず、一番に注意すべきことは、どの成分が副作用…

医薬品育毛剤の副作用

髪の毛は見た目年齢を左右する

髪の毛の量というのは、見た目の年齢を大きく左右する要素です。若くても、髪の毛が薄かったり、生え際が後退していたりすると年齢が上に見られてしまうことも少なくありません。見た目の問題は、プライベートだけでなく仕事にも影響を与えたり、精神的なダメージを負ったりすることもあります。そこで利用されているのが育毛剤です。 育毛剤には医薬品と医薬部外品があり、後者の場合は副作用は出にくいと考えられています。その分、育毛効果も緩やかと言われているのです。一方で、医薬品に分類される育毛剤もあります。こちらは発毛効果が高い半面、副作用にも十分に注意する必要があります。使用前には、医師や薬剤師と相談したうえで使用することが大切なのです。

頭皮以外の変化にも気を付ける

医薬品の育毛剤を使用し始めると、多くの人が初期脱毛を経験することとなります。これは毛母細胞が活性化されて、一時的に抜け毛が多くなるためであり、あまり心配する必要はありません。 ただしそれ以外にも気をつけなければならないことはあります。医薬品の育毛剤に使用されている成分によっては、循環器系や神経系統にも影響を与える可能性があるのです。長期間の使用では、定期的に医師の診察を受けることも重要です。また、勃起不全や精力減退といった症状が起きることもあります。成分の中に、男性ホルモンの分泌を抑制するものが含まれる育毛剤があるからです。医薬品の育毛剤は発毛効果が高いことが知られていますが、副作用にも注意する必要があるのです。

女性の育毛剤の選び方

女性の育毛剤は製品によって効能に若干差があり、選ぶ際は注意が必要です。防腐剤が入っている物もある為、頭皮が敏感肌の場合は防腐剤が無添加の物を選ぶ事が大事です。